Joyful Joyful / 歓喜の歌

レパートリー

有名なベートーヴェンの「第9」4楽章をゴスペル風にアレンジ!

歓喜の歌(喜びの歌)といえば、一般的に有名なのは年末の一万人の第九で歌うメロディとして有名だと思いますが、ゴスペルの世界ではやはり圧倒的に映画「天使にラブソングを2」のクワイア・コンクールでの「あの曲」というイメージが強いと思います。

Sister Act 2 (Finale) Lauryn Hill – Joyful Joyful With Lyrics (Ft. Whoopi Goldberg)

この時代に若者に人気のあったヒットチューンを引用

ストーリーの中で「合唱なんてダサい」と初めは嫌々歌っていた生徒たちも、デロリスが今までの先生とは違う事に気付き始めます。型にはめられた「いい子」でいる必要はない。それよりも自分らしさをしっかり持ち、そして他人の個性も尊重できる大人になること。その大切さを彼らはデロリスから学びます。

ジョイフルの曲中に当時(1986年)にアルバム「Control」で大スターの仲間入りを果たしたジャネット・ジャクソンの「What Have You Done For Me Lately 」が挿入されています。

またラップの部分も1986年デビューのヒップホップ・トリオ「 Naughty By Nature 」(これまたゴスペル映画として有名な「ジョイフル・ノイズ」に主演しているクイーン・ラティファの弟分みたいなグループです。)のヒット曲「O.P.P」をモチーフにしています。「O.P.P」自体がジャクソン5の「ABC」をサンプリングしてるのですが・・。

Janet Jackson – What Have You Done For Me Lately (Official Music Video)
Naughty by Nature – O.P.P. (Official Music Video)

「天ら部」では来年1月からこの曲にチャレンジします!!

早くも12月にデビュー・ライブが決まった「天ら部」。今年は「Oh Happy Day」「Hail Holy Queen」「Ain’t No Mountain High Enough」「My God」の4曲を全力で仕上げます。そして来年はこの曲にチャレンジします!

タイトルとURLをコピーしました